このエントリーをはてなブックマークに追加
最終更新:nt2 - 履歴 - 編集

強化とは

ヒーローに素材(餌)となるヒーローを合成することで能力を強化することができます。
強化は最大レベル5まで行うことができます。
現在の強化レベルはヒーローアイコンの左上に「+5」のような形で表示されます。
「合成」や「覚醒」には強化+5が必須になりますので、育てたいヒーローからまずは強化していくとよいでしょう。
尚、素材となるヒーローのグレードやレベルによって上昇する能力に違いはないようです。ただし、素材のグレードによって強化の成功率が異なります。

限界突破

強化+5まで強化したヒーローは、同じグレードの同じヒーローと「強化」をすることで「限界突破」を行うことができます。
限界突破するとレベル上限が5上昇します。
※素材となるヒーローのレベルや強化度はMAXにする必要はありません。同じグレードの同じヒーローであればOK!

尚、限界突破したヒーローを合成や覚醒した場合には、限界突破は引き継がれずに元に戻ります。
そのため、限界突破させるのは★6のヒーローを更に強くする場合に行うのがよいでしょう。

強化の成功率

強化の成功率は素材となるヒーローのグレードによって変化します。当然、グレードの高いヒーローを素材としたほうが成功率は高くなります。
また、強化に失敗するとボーナスが加算され次回の成功率が上昇します。

合成とは

同じグレードのヒーロー同士を合成することで1つ上のグレードのヒーローを召喚することができます。
ただし合成するヒーローは両方とも[レベル30]、[強化+5]になっている必要があります。

例えば、グレード★3のヒーロー同士を合成するとグレード★4のヒーローが召喚されます。
(どのヒーローが召喚されるかはランダム?に決まります)※すみません、自信ありません。

序盤では、比較的手に入れやすいグレード★3のヒーローをからグレード★4のヒーローをどんどん召喚していきましょう。
注意点として、新たに召喚されたヒーローはレベル1からとなりますので、グレードが1つ上とはいえ合成で使用したレベル30以上のヒーローより弱くなる可能性もあります。合成する場合には、使用する2体のヒーローがいない場合でも、最適なパーティが組めるか確認しておきましょう。

覚醒とは

覚醒とは、曜日ダンジョンで入手できる”フェアリー”を素材として、ヒーローを1つ上のグレードへとアップさせることができます。
ただし、覚醒させるヒーローは、[レベル30]、[強化+5]になっている必要があります。

例えば、★2アカツキを覚醒させることで★3アカツキとなり、ステータスやスキルLvもアップします。
合成も1つ上のグレードのヒーローを作り出しますが、覚醒では同じキャラクーの上位グレードを作り出します。

ステータス

属性とは

属性の種類は「炎」「水」「地」の3種類があります。

「炎」は、地に強く、水に弱い
「水」は、炎に強く、地に弱い
「地」は、水に強く、炎に弱い

つまり、炎 > 地 > 水 > 炎 となります。
強い属性に対する攻撃は200%のダメージとなり、逆に苦手な属性への攻撃は50%のダメージとなります。
敵キャラの属性に合わせて、チーム編成するようにしましょう。

パッシブとは

パッシブとは、戦闘において戦闘力や回復力をアップなどの効果を常時発揮させることができるステータス値です。
ヒーロー毎に異なるパッシブを持っていて、戦闘力や回復力をアップさせるものや、クリティカル率をアップさせるものなど様々なものが用意されています。
パッシブはパーティにいるときには常に発動されていますので、パーティ編成ではヒーロー毎のパッシブの特性も考慮するとようでしょう。また、クエストに連れて行くフレンドヒーローのパッシブも効果は適用されます。フレンドのパッシブ効果も見ておきましょう。

クリティカル率とは

クリティカル率とは、攻撃がクリティカルヒットする確率いいます。
クリティカルヒットのダメージは通常の3倍ですので、パッシブやルーンで積極的に強化していきたいステータスですね。

挑発とは

ステータスの中にある「挑発」の値は敵からの攻撃されやすさを表します。
数値が高ければ敵から攻撃されやすく、低ければ攻撃されにくくなります。
「挑発」の高いキャラを壁役として配置することで、他のキャラへの攻撃回数を減らすことができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
[PR]

その他の攻略サイトを見る

TOPへ